最新記事

結婚式の二次会は、披露宴に出席しなかった友人や知人で、結婚した二人を祝福するための会です。
依頼を受けた友人が幹事となって主催し、会費制で行うのが一般的です。
もし幹事を頼まれたら快く引き受けて、新郎新婦となるべく早めに打ち合わせをしましょう。
二次会に決まったスタイルはなく、予算や会場、招待する人数、プログラムなど新郎新婦の希望を聞き、それに沿って進行していきます。
参加する人の多くは若い人なので、皆で楽しく参加できるゲームやアトラクションを盛り込むとよいでしょう。
披露宴の後に行われることが多いため、会場は披露宴から移動しやすくて近い場所を選びます。
会費制の場合は、経費を抑えつつ、なるべく沢山の人に出席してもらいたいものです。
そのため立食のビュッフェスタイルが一般的ですが、高齢の親族や両親がいる場合は忘れずに椅子を用意しておきます。
招待状は、幹事の名前で作り、遅くとも1ヶ月ほど前には届くように送ります。
披露宴の招待状と間違わないように二次会であることを必ず明記します。
会場、日時、会費も明記し、往復はがきを使用するか、出欠のための返信用のはがきを同封します。